(映画)モリのいる場所

12.10

山﨑努演じる画家モリ (熊谷守一 ) は94 歳。 猫、蟻、揚羽蝶、鬼百合 … 毎日、庭のちいさな生命たちを 飽くことなく眺め、絵を描いて きました。 50 歳を過ぎてようやく認められ、 近頃はどうにか暮らせるようには なったけれど … 相変わらず周囲の期待通りには 筆が進みません。 樹木希林が演じる妻・秀子は 76 歳。 時流にも無頓着な夫と世間の間に 立ち、時に光と影を包み込み、 毎夜アトリエに送り出します。 この 夫婦52 年間は、決して 平坦ではありませんでした。 子どもを亡くす経験もしました。 二人は、じかに優しい言葉を かけあうことはしないけれども、ふと漏らす言葉に互いへの深い 敬意と愛情がうかがえるのです。 山﨑努と樹木希林 ―日本映画の 至宝たる名優が演じる老夫婦の 佇まいには、長い歳月を生きた 深い絆が感じられます。 ただ二人がいる。 その姿だけで感動が心に広がるのです。

■上映時間99分
■2018年 日本公開

■脚本 /監督: 沖田 修一 ■出演:山﨑 努・樹木希林

2020年2月22日(土) 伊都文化会館 大ホール
上映は2回 1回目・・・10時から上映 2回目・・・14時から上映
開場時間はそれぞれ30分まえからとなります。

詳しくはちらしPDFをご確認ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る